2005年09月29日

東京方面へ出張です。

昨日今日ときております。今回はかなりのハードスケジュールで寝不足でございます。
昨日は東京で一件訪問した後、群馬までもう一件。
その後、夜はそちらで接待を受け(今回は一応される側なんだわ。)赤城山とかいう地酒をたくさん飲んでしまいました。
その後都内までもどって烏龍茶でもう少し付き合わされやっとホテルに帰れました。
ほんとは時間がもう少し早ければ大学の時の友達と会う約束だったんだけれど、彼女も社内の飲み会だったみたいでお互いのいる場所と時間がうまく合わなくて今回は残念ながらお流れになっちゃいました。
まあ彼女も今朝から出張で早く家をでなければならなかったので無理しすぎなくてよかったかもかも。
また次あえますように〜。ホテルではなぜか寝付けず三時くらいまで起きていたので今日はめちゃ眠かったです。
朝は八時にはホテル出て千葉まで行き、また都内にもどって一件寄ってからやっとお昼をとれ、さっき羽田までつきました。
帰りのお供の本を選びにいったら読みたかった本の中の一冊リリー・フランキーさんの『東京タワー オカンとボクと、時々、おトン』をみつけたので購入。図書館の予約解除しなくちゃ。もう一冊読みたいのは重松清さんの『その日の前に』なんだけどこちらはなかなか出会えません。図書館待ちもいつになることやら。
眠いといいながら飛行機とかでは眠れないのでたぶん読んじゃいます。
no-title

北海道以来チーズケーキにはまり気味で今日もガトーよこはま のチーズケーキかっちゃいました(^o^;
つかれた時は甘いものってことで。楽しみだわぁ。
posted by はぜ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

北海道〜写真編 PART2

続きです。

■三日目■
キタキツネ村の飼いキツネです。
野生の子達は写真撮れなかったけれど一度出会うことができました。
細くてすごくかわいかった。

hokkaido 134.jpg

これがオホーツク海です。
奥に知床連山が観えています。
なかなか天気が良くないと観えないそうです。

車窓より

hokkaido 144.jpg


海岸より

hokkaido 151.jpg

知床一湖です。
世界遺産をかみ締めて散策しました。
二湖の写真が何故か見当たらず…。残念。

hokkaido 190.jpg

知床五湖の帰りに車窓からみたエゾシカです。
オスらしく角がかっこいい。

hokkaido 200.jpg

知床にある岩はどれも個性的!!
亀の形に似ているところから通称「亀岩」と言われているらしい。

hokkaido 206.jpg

オシンコシンの滝
知床最大の滝らしいです。
マイナスイオンたくさん浴びれる位近づけました。

hokkaido 213.jpg


オシンコシンの滝で接近できちゃったエゾシカちゃん。

hokkaido 227.jpg

これが摩周湖です。
霧の摩周湖ってくらいだから観えないって聞いてただけに
綺麗に観えて感動!!!
hokkaido 208.jpg

阿寒湖にあるアイヌコタンの入り口です。
夜見ると不気味で怖かった。
hokkaido 108.jpg

撮影OKか??だったんだけれど撮ってしまった。
最終だったため終わったあと演者さんが子供を連れて出てきたのには
びっくりでした。

hokkaido 109.jpg

■四日目■

最終日の朝の阿寒湖です。
さよなら北海道な気分でした。

hokkaido 116.jpg

ってことでとりあえず今日のところはここまで。
また手直ししなくちゃ。

posted by はぜ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道〜写真編 PART1


写真をどばどば載せちゃいます。

■1日目■

展望台からの洞爺湖
中ノ島は四つ。右の奥に昭和新山、有珠山が観えるはずなのだが…残念。

hokkaido 067.jpg

ホテルからの洞爺湖
鳥がポイントです。
hokkaido 007.jpg

■二日目■

羊蹄山です。
車窓からでも本当にきれいに観えました。
雪が積もるとまたきれいなんだろうな。

hokkaido 012.jpg

大急ぎの小樽運河です。
ラブレターという映画に出てましたね。

hokkaido 018.jpg

美瑛です。
お花は少なめで残念でした。
季節を変えてぜひもう一度。
真ん中の写真はこの旅一番のお気に入りです。

hokkaido 045.jpg

hokkaido 050.jpg

hokkaido 053.jpg

銀河・流星の滝です。
あまり上手に撮れなかったのが残念です。
下の写真は同じ場所の空です。雲がとても印象的だったので…。


hokkaido 123.jpg


hokkaido 095.jpg

posted by はぜ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

北海道その後〜雪の遺書

北海道ボケと帰ってから仕事に追われているのとで1週間サボってしまいました。
久々につらつらいってみようと思います。
最終日の日記に書いた『雪の遺書』の本がすごく気になっていたので探してみました。
けれど本はすでに廃刊で買うことは不可能みたい…。
とても残念です。
それでネットをいろいろ探していたら青っちのわさんのブログにめぐり合うことができました。
内容がとても詳しく載っていて本当に感謝です。
あの時の感情と車窓からの日高山脈情景が蘇ってきました。
山々の美しさにみとれてついつい忘れてしまいますが、厳しさもまた自然というものなのですよね。

はたして自分があのような絶望的な状況で死を覚悟した時、澤田さんのように冷静にみんなへの言葉を綴ることができるのだろうか。
とてもとても考えさせられるお話です。

何がなくなっても命だけあれば沢山だ。
死を目の前にしてそう感ずる。
親より早く死ぬのは最大の情けない気持ちだ。
  


一節抜粋させてもらいました。



posted by はぜ at 19:21| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

北海道最終日

昨日寝たのが1時、そしてなんと今朝は5時に起きて露天風呂へ行っちゃいましたぁ63893
何だか自らハードにしているようです。
最終日の宿から移した阿寒湖です。
hokkaido 115.jpg

もう最終日今日は特に観光はなく、阿寒湖から千歳までの移動の合間にちょこちょこ買い物しながら、松山千春一色な足寄〜チーズとワインな十勝平野〜吉田美和ちゃんの出身地池田〜日高山脈〜夕張メロンという感じなコースでかえってます。
移動中ガイドさんがいろんなお話をしてくれるのですが、今回日高山脈の辺りで北大山岳部遭難のお話をしてくれました。
雪崩に巻き込まれて六人の学生が亡くなってしまったらしいのですが、その内の一人が雪崩の後、四日間の間生き残っていたということが遭難してから3ヵ月後に遺体が発見され遺書が見つかったことで明らかになったそうです。
その遺書には、両親や知人、友人や仲間たちに宛てた言葉が綴られており、その中でも母親に対して先に逝くことへの謝罪の言葉がたくさん出てきました。
雪崩の下の雪の中懸命に穴を掘って生き延びようとする一方、死を覚悟した言葉のひとつひとつがせつなく心に響きました。
ガイドさんの語り口も耳心地良く、思わず涙してしまいました。
北海道旅行にきて自然の美しさを堪能して来ましたが、自然の恐さというものや北海道という地域がいろんな意味で本州とは違った歴史を経て現在に至っているんだと、改めて感じることができました。
普段はツアーというものにあんまり参加しないのですが、長い移動距離ではありましたが、その時間退屈する事無く過ごさせてくれ、ツアーもいいなあと思わせてくれたガイドのまどかちゃんに感謝します。
北大山岳部遭難の遺書は雪の遺書という本にもなっているらしく、両親の手記も載っているようです。
機会があれば読んでみたいと思います。
続きを読む
posted by はぜ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

北海道三日目

オシンコシンシカキタキツネ
今日は一路オホーツク海へ。
網走〜知床後、阿寒湖温泉で最後の晩餐といった感じなのです。
まず昨日行きそびれていたキタキツネ村によってからいざオホーツク海へ。
キタキツネ達は飼われているのでぷくぷく太って野性のキタキツネとは風貌が違うらしい。
確かに人に慣れてるしなんだか犬みたいだった。
次は網走。
刑務所は車窓より観ただけでオホーツク海岸にある海鮮市場へ。
オホーツク海の波は激しかった!
サーファーの姿もちらほらと。いい波来てます!
知床連山を向こうにみながらのオホーツク海素敵でした。
さあこれから世界遺産の知床です。楽しみ。
posted by はぜ at 12:08| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

北海道二日目

no-title

今日は朝五時半起き!
というのも朝から露天風呂入りたいがためです。
霞がかかっていましたがやっぱりきれいな景色63893
そんなこんなでまたまた長湯しちゃったために集合時間まで余裕なはずだったのに、ご飯も掻き込み歯磨きもそこそこに滑り込みアウトという感じ。
ごめんなさい。
朝から波瀾万丈な予感です。
案の定行程表と予定がぐちゃぐちゃで結局、小樽も美瑛も行くことになりさらにハードな二日目になりにけり。
小樽はたったの一時間ちょっとの中で食事もするとのこと。
大急ぎで運河と北のウォール街に行き、食後に小樽運河工芸館でガラスのりんごを購入。
これで小樽終了。
う〜北一ガラスとかベネチア美術館とか行きたかったなぁ〜。
まぁ次は美瑛。切り替えて行きましょ〜。
ここは『いつか』のプロモを撮影した哲学の木だったかがあるはず。行けるかな〜。続きを読む
posted by はぜ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道一日目

no-title
昨日は寝ちゃってましたので忘れないうちに書いておきます。
昭和新山→サイロの後早々とホテル到着!
洞爺湖畔亭というだけあってホントに湖畔にあるし、ロビーから湖畔側はオープンになってとても開放的にだった。
お部屋も二人ではもったいないくらいに広いし、まさに湖ビューって感じで写真撮りまくり!
その後は早速夕食へ。
バイキング形式ってついつい食べ過ぎちゃいます。
だって美味しいだもの。
あのじゃがいもめっちゃ美味しかったぁ〜#em:63893#
ビールも進み、微酔い気分で湖畔にあるホテル足湯で花火までの時間酔い覚まししていたら、どこからともなく中国語を話す人たちが現われては座ってきて気が付くとせまい足湯は中国人でいっぱいで日本人は私たちだけ、すっかり囲まれちゃってます。
しかもその中に一人中川家の弟礼二にそっくりな赤いTシャツの人がいてほんに良くしゃべるから目についてしかたがない。
礼二がものまねしてそうな中国人って気がしておかしくてしょうがない。
それにこの囲まれてる状況もまたおかしいし二人でおお笑いしながら、その後の花火と最上階にある露天風呂を満喫しました。露天風呂なんて二時間くらい星をみながらぼーっとしてました。
そんなかんじで一日目終了。素敵な旅館と不思議な台湾人に楽しませてもらいました!
posted by はぜ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

北海道はでっかいど〜♪

no-title
きちゃいました#em:63913#
台風ちゃんも無事去った後、初めて北海道に足を踏みいれちゃいました#em:63893#
天気もまずまずだし、緑いっぱいに癒されてます#em:63898#
今日のコースは昭和新山→洞爺湖って感じ#em:63911#
ポイントは夜の花火と温泉かな〜#em:63898#続きを読む
posted by はぜ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

森山直太朗2

ライブに行って以来すっかりはまり気味です。
んで「君は五番目の季節」ツアーに行った人のブログ巡りをしていて
ある方の記事にドキッとしてしまいました。
それは直ちゃんには過去に最愛の人がいてその人に向けて歌詞を書いているのでは?
んでその方は亡くなっているのでは??
という内容だったのです。
なぜドキッとしたかというと、今回一緒にライブに行った友達が同じようなことを言っていたからなのです。
私はそうは全然思っていなくて、テレビでのおちゃらけたトークの印象が強かったし、
音楽始めるまではただのサッカー好きの兄ちゃんだったのではって思ってたから
そういうタイプでは無いって、かってに思っていて、その時「そんなことないんちゃうん?」
って言ってしまったのです。みさとさんごめんなさい。
今ツアーのために作った『君は五番目の季節』ホントいい曲ですね〜。CDに入るのかな??
他の曲もそういうこと思いながら聴きなおしてみようって思います。
今回のライブに行って生直ちゃんの歌を聴けていろんな意味で良かったです。
ほんとまた行きたいって思いました。
posted by はぜ at 12:57| Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

路上にて

昨日、晩御飯を食べに行きました。
メニューは「フォー」です。

200509032126000.jpg

なかなか美味でした。でも私はパクチーとっても好きなので
パクチーが入ってなくって残念ふらふら
パクチー山盛りのお店知りませんか?

その帰りに路上してないかな〜と商店街に寄ってみたら素敵な歌声が〜〜るんるん
すごく上手だな〜と思っていたら、単独ライブとかしているし、
CDも自費で出しているとのこと。
帰りに思わずCDも購入してしまいました。ほんと心地よい歌声だわ。
不思議な人達が集まってきて、なんだかとっても楽しいひと時でした。
また聴きたいなるんるん



続きを読む
posted by はぜ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

ザ・マスミサイル


マスミサイル実はかなりはまっています。
初めて生で見たときに、ボーカルのよっくんの歌声とめっちゃ人間くさい歌詞にやられてしまいました。
心を直接的にわしづかみされる感じがしました。
ライブでのノリもサイコーです。かなり盛り上がります。涙が出ます。
新曲『拝啓』発売と単独ライブも決定して、めっちゃ楽しみなのです!!
あ〜はやく生マスみたいなぁ。

続きを読む
posted by はぜ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

モルディブ〜バリ〜サイパン〜沖縄。

no-title昨日は久々にダイビング友達たちとのお食事会でした。
みんな素敵なところにダイビングにいったり、旅行に行く予定だったりしてるんだわぁ〜。モルディブにバリにサイパンに沖縄だって〜#em:63899#ほんとうらやますぃなぁ〜。
私は西表島に行ったきり、南の海に行けていないのにぃ。かれこれ二年前だわぁ〜。前は一年に一回はどこかに行っていたのになぁ。
今までで一番良かった海はパラオかなぁ〜。
初めての生マンタに会った感動は忘れられないし、あの海の青さは絶品だぁ。
何よりもブルーコーナーを越えるポイントはあるのだろうか〜と思うくらいの美しさと魚影の濃さは圧巻です。あ〜バラクーダに巻かれた〜い。おっと目の前にナポレオンがぁ〜。妄想してしまったぁ〜!
来年こそは行けると良いなぁ。
そんなこんなでまあ昨日のお食事会では、まあいつものことながら海の話はそこそこに不思議なおっちゃんの話やとりとめのない噂話をネタにたくさん飲んでたくさん食べてたくさん笑いましたとさっ。
釜飯と黒霧島〜美味しかったっす#em:63913#
みんな無事に帰りついたかなぁ。
posted by はぜ at 22:29| Comment(1) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。